エンゲージリングについて詳しく解説
「エンゲージリング」・「マリッジリング」で幸せを。

「エンゲージリング」の雑学:1

TOPページ > 「エンゲージリング」の雑学:1

結納の時、または両家で食事会を開く時(正式な結納をする代わりに、こうした食事会を開くのが、現在主流となっているようです。)など、結納品や結納金の代わりに取り交わすというものが、「婚約記念品」と呼ばれるものです。

これらは手続きとして必ず必要なものではありません。ですが、2人が婚約をしたという証を、形で残す記念として、このような記念品などを交換することがよくあります。

この時に、男性から女性に贈る婚約記念品は何かというと、その大半が婚約指輪・つまりエンゲージリングです。
上記の様に、結納を行わないという場合でも、その約7割の男性が、相手側の女性にエンゲージリングを贈っています。
変わった例としては、お互いの同意の上において、エンゲージリングを買わないケースも、ごく少数ではありますが、あるにはあるようです。

エンゲージリングを選ぶ際には、お互いの結婚(婚約)が決まってから、2人でエンゲージリングを買いに行くというケースが多い様です。
このときには、 エンゲージリングの品質やデザインなどを重視しましょう。最優先に考えるのは、何よりも女性の好みです。よく相手の好みを考慮して、エンゲージリングを選んであげましょう。

ところで、エンゲージリングの予算 についてですが、
よく言われるのは、 「婚約指輪は給料の3ヶ月分」とよく言われます。ですが、これは特に誰かに決められたというわけではないので、実際はそんなに気にするような必要はありません。
この最近では、エンゲージリングのデザインや種類も増えており、どのようなエンゲージリングにするかという選択肢も様々です。必ずしも高価なものが最良ということはありません。
高価なエンゲージリングを買わなければならない・・といった固まった考えにとらわれず、2人が気に入ったエンゲージリングを選びましょう。

また、エンゲージリングは、以前なら高価なものを買い、それも年に数回程度しか付けないものだったのですが、最近では、普段でも付けられるものが主流となっているようです。
ちなみにエンゲージリングの相場は、大よそですが、30〜40万円程度が相場となっているようです。
もちろん、このあたりは地域や状況などによって格差があるのでしょうが、特に気にする必要はありません。

※エンゲージリングの「給料3ヶ月分」はどこから来たかについて。

「エンゲージリングを買うのに「給料3ヶ月分」の金額の指輪を買わなければならない」という”決まり”は、どこから来たのか・・ということについてです。

これは、世界的なダイヤモンドの採掘・卸売り業者である「デビアス社」の、ダイヤモンドを使った指輪の販売促進のために考え出された”キャッチコピー”なのだそうです。

このキャッチコピーが登場したのは1968年のこと。
当時のテレビコマーシャルにおいて「婚約指輪は給料の3ヵ月分―」というキャッチコピーが使われ、その言葉が浸透していった事によるものです。
今では、カップルの70%がエンゲージリングなどで、ダイヤモンドの指輪を買うようになったのですから、これは驚きですよね。

ちなみに、このキャッチコピーは日本だけとのことですが、
この他、世界的に成功したキャッチコピーに”ダイヤモンドは永遠の輝き”(A Diamond is Forever)というものもあります。

おすすめWEBサイト 5選

申込みしたい動画配信サービスをご紹介!